shouhei_okamoto_7
(shouhei_okamoto_7)

利用開始日: 09/25/2013

--------------------------------------
「ところでさ、結局あんたって何やりたいの?」
その言葉にいつも詰まっていた。勇気がなくて。まだ曖昧だったから。
22歳の夏。やっと言えるようになった。胸を張って、僕はこうありたいのだと。
目の前が輝く瞬間。

それに気づくまでの物語……。
--------------------------------------



*初めまして!*

ようこそおいでなさいました!



「スイーツ系多趣味男子」こと岡本祥平と申します!
最近はスルメイカ系男子という言葉も覚えて、その意味になるほどなと思います。そうですね!噛めば噛むほど美味しい。

僕は知れば知るほど楽しい!そういう人間です^^


私のライフワークはカメラでして、ということなので

「幸せ創造クリエイター:スナップフォトグラファー」スタイルで活動中です(^^)


僕のことは是非!

<おかもっちゃ~ん
とか
<しょ~へ~

とお呼びくださいね!

僕は「人と人の出会い」を大切にしています。
なぜか。僕は今まで沢山の人に出会ってきたけれど、僕が変われた時ってやはり人と話して、視点を変えた時だったからです。




その時の話は後ほど書くので、よかったら見ていってください!




そして僕は自分が大好きです。というのはナルシストというわけではなくて、僕には友がいて親がいてそういう輪の中にいます。そこで僕は沢山の愛に恵まれて育ってきました。だから、僕は自分のことを好きだと言います。
そうすることで、僕のことを見てくれる人、信頼してくれる友に向けて恩返しができると思うからです。


幸せであろう。

その幸せに見合う自分でいよう。

なら今という時間を必死に生きてみよう。

辛いこととは沢山あるけど、それはいわば自分の理想像を叶えるために、自分を研磨してくれる「砥ぎ石」です。それで研げば研ぐほど僕は強くなり、人間的魅力がついてくる。
例えば失敗は、失敗という前進で。成功は自分の自信の糧になって。すべて感謝できる人生の中で、僕は幸福に生きて、幸福に死ぬために今もずっと前を見続けて、日々学びの中で生きています。

だから僕は人が大好きです。人の顔って写真撮っていると分かるんですが、一枚も同じ顔の写真って実は無いんですよ。無いからその人の向けてくれる笑顔にだって、その一瞬一瞬の意味を捉えて、受けとめていかないといけないんです。

僕は人が好きです。なぜならば、そんなに十人十色で様々な表情を持つ人間といういきものと仲良くなればなるほど、自分の人生は輝いていくからです。

僕の好きな言葉の一つに「人生の長さは変えられないが幅なら変えられる」という言葉がありました。僕はその言葉が大好きです。人生の幅を変えていく生き方ってかっこ良くないですか?

それだけ必死に生きたって証だと思います。致死率100%の人間は、だからこそ、生きた証を残さないといけない。それは自分の背中で、自分の生きざまで語るもので、それには人生の幅をどんどん太くしていかないといけないと思います。

人との縁を大事にすることは、その幅にも関わってくることで、だからこそ僕はそれを無駄にしちゃいけないって思うから。今もあがき続けます。

何かを目指すって。
何かを志すって。夢を語るって。

全然恥ずかしいことじゃないんです。もしも失敗したとしても、その真剣な思いに偽りはないし、それだけでかっこいいと思います。泥だらけでも、キズだらけでも、その目が。信念に。魅力を感じてしまうものです。

だから僕もそれを目指す。僕は背中で人生を語れる人間にならなければならないと思うからです。

とここまでとってもそれっぽく書きましたが、

実は僕はとても「臆病」なんです。いつもビビってばかり。セルフイメージだなんだって原理は知っていても、それどころじゃなくて怖くてたまらない。

新しいことを始めるのは怖いし、誰かを会うのだって怖い。僕の人生からはきっと「怖い」の2文字は消えることはないでしょう。でもなぜ僕がここまでやってこれたのか。
それは僕は怖いと思いつつも足を突っ込む傾向あったからです。

なぜかってそれは、怖いから進まなかったらいつまでもそこで行き止まりでしょう?
行き止まりならそれなりの生き方ができるけど、僕は嫌です。絶対に幸せになりたい。絶対に夢を叶えたい。そして何よりうじうじ悩んでやらない自分は嫌いになってしまうと思ったから。

怖くても進む。
知らなくてもとりあえず知る努力をする。

何かを否定するって実は簡単じゃなくて、やはりそのものを見極めるまでは簡単に批判してはいけないんだなって思いました。

とりあえずやってみる。ダメだったらやめればいいと思う。

だってそれができるのは今のうちだけ。そうだと思いませんか?



ちょっと真面目で、お菓子作るのが好きで、少女漫画も読んじゃう。僕はそういう人間です\(^o^)/




*性格*

・不器用
・好奇心 = オカモト
・女子力


僕の性格は一言に集約しますよ?


「良い人」


です。

うん。自分で言うんじゃないって思うかもしれないけど、そう言われます。これが良い意味か悪い意味かって言うと決定打に欠ける感じがしますね。


オレンジデイズ ってドラマご存知です?

あれの瑛太。あんな感じの良い人です。僕はそんなに見た目はかっこよくないですけど笑

不器用だし、好きな人にもそうでない人にも優しくて、差別化できなくて「良い人ですね」って言われてしまう。好い人になりたいもんですね。




男子力の要追及です(´・ω・`)


と言うのは他人から見た視点でした!


僕はどう判断しているのかというと。

不器用

ですね。これに限ります。

愚直に信じたことはやろうとするので、その真面目さを皆さんは評価してくれますし、もっと柔軟ならと思う時もある。でも、そんな性格は嫌いじゃないです。この僕についてきてくれる人だっていっぱいいるんだし。

あとは、O型の性、、、って言うとO型の人に怒られそうですが、比較的穏やかで怒らない方です。言い方変えると鈍感だったりします。

でもそれが逆に度胸があるとか思われる時があります。


そして僕は何にでも好奇心を持っています。

僕の目には「目の前のものが全部すごい!」フィルターがかかっているからですね。

この世で僕達が知っている(正しくすべてを)ものってどれくらいあるか考えたことありますか?
僕はあるんですけど、結論………


全く知らない!!!!!!


という結論に落ち着いたんですよねぇ。

だって目の前にある本だってPCだってスマホだって正しく理解しているかって言うとそうではないでしょう?

そう思いませんか?

僕はそれに気づいてしまったので、ならば僕と話す人は僕と違う視点を持っているのだから、だから僕の知らない世界を知っているはずで、その人の口から出る世界は、僕の学ぶべき世界だと考えます。


だから僕は、僕の知識は0だということから初めて、なんでも勉強してやろうと思ったのです。

好奇心。


”これはとりあえず怖いけどやってみる精神”にも通じるところがありますね。



大事ですよ~!


そしてこれ大事!


はい、では次に行きます。


女子力




え?


え?


……女子?


って思ったと思いません。ええ。僕はおじさん顔ですが、性別は男なので。
でも女子力です。

それはズバリ、気配り力・料理力・思考 この3つが主に形作っていると思われます。
まずは気配り力。

飲み会の席でお酒を注ぎ、サラダを取り分ける。女子より先に!

簡単に言ってしまえばこういうことです。

次に料理力。

みんなが集まる場には手作りクッキーを持っていく。

ええ。最初は随分と驚かれました。でも今では”おかもっちゃんクッキー”の愛称で親しまれています。

そして思考……

実は……


少女コミックが大好きなんですよ\(^o^)/
特にフルーツバスケット。あれには愛とはなにか。受け入れるとはなにか。人として大切な1番のものが描かれている気がします。
読むものも見るものも、恋愛小説、青春モノ。ラブロマ、ラブコメ、ヒューマン。小説を書いてたりするんですけど、それも恋愛もの笑

LOVEに溢れた岡本でございます←


なので結構ガールズトークに混ざれる雰囲気を持っているのは自慢です笑


*趣味*
これはもちろん、カメラ!

特にスナップ写真とポートレートが好き!

なぜならば、それは”生きている”から!
同じ時間、同じ場所で撮っても連射しても一枚とて同じもものがない。それが人の魅力。
そしてその人の魅力を引き出してとれば撮るほど相手も喜んでこちらも楽しい。あの空気感がとても好きです。
そしてカメラっていうのは幸せを切り取れる不思議な魔法のようなもので、ただ過ぎてしまう時間は刹那的だけど、それを閉じ込めておける数少ない手段です。


バイク!
相棒はセロー225wです。ヤマハのオフロード車ですね!

こいつとは地元の八王子~石川県の内灘まで下道だけで行った記憶があります。もう本当に手間かかるけど大好きです!


料理!
おかもっちゃんクッキーつくるのが好きです。
変わってるって言われるんですけど、焼いている時のオーブンのオレンジ色に癒やされてます(ノ´∀`*)



*映画*

なんでも見ます!けど!
特に好きなのは ヒューマン ラブロマ ラブコメ ですね!

=絶対おすすめ映画ランキングトップ5(洋画)=
1、500日のサマー( http://eiga.com/movie/54686/ )
 →僕の憧れの主人公。サマー可愛い

2、君の読む物語( http://eiga.com/movie/1570/ )
 →一途ってこういうこと

3、バレンタインデー( http://eiga.com/movie/54715/ )
 →群像劇の最高傑作の一つ。人間模様が面白い!テイラー出てます!

4、ルビースパークス( http://eiga.com/movie/77468/ )
 →物書きならば一度は想像した光景

5、ミスター・ノーバディ( http://eiga.com/movie/54047/ )
 →バタフライ・エフェクト。多重世界のその先に、たったひとつの愛があった

=絶対におすすめ映画ランキングトップ5(邦画)=
1、色即ぜねれぃしょん( http://eiga.com/movie/53786/ )
 →青春。憧れた

2、サマータイムマシンブルース( http://eiga.com/movie/41270/ )
 →こんな夏。いいなぁ。真木ようが別人

3、幸せのパン( http://eiga.com/movie/56093/ )
 →生きる

4、阪急電車( http://eiga.com/movie/55680/ )
 →幸せとご縁の輪の話

5、奈緒子( http://eiga.com/movie/53132/ )
 →駅伝の話。三浦春馬が若い。熱い!!

その他色々!

*本*

村山由佳さん
綾崎隼さん
機本伸司さん
関口尚さん
入間人間さん

*音楽*

back number
音速ライン
ノラ・ジョーンズ
テイラー・スウィフト
Aimer

など

*場所*

山!川!景色の良い所!
朝5時頃の空。夕方5時頃の空。

ちなみに住んでいるところは東京と山梨と神奈川の境目笑


*岡本について*
身長は168センチほど。170は欲しかったなと思う今日この頃。

体重はまぁそこそこあり、減量なう。


まぁ小学校の頃は人見知りということもあり、本当に今の自分とはかけ離れていたなぁと思います。

僕は小学校の時にいじめられたことがありました。
身体的なこともしかり、僕の人見知りと口より先に手が出る癖が災いしたのだと思います。

いじめられていた時にそりゃもう最悪って思ったけれど何よりも悔しかったのは、それが母にバレた時でした。必死に隠してなんでもないって言っていたのにバレて、母は泣きました。僕はそれを見て本当に悔しかった。

母を泣かせてしまった という罪悪感。
自分がそれを隠していた という羞恥心。

学校に行く時に、頭が痛いと仮病をして休もうとしたこともあったり、行こうとするだけでお腹が痛くなったりしたけれどそんなことよりも、何よりもそれが悲しくて。辛かったです。

それからというもの。僕はずっと自分に自信がありませんでした。

着るものは全部黒か紺かグレーの無地のもの。
ワンポイントでも入っていようものならすかさずターゲットにされたために着れなくて、そんなものを親が買ってきたらキレて。情緒不安定だったと思う。

そういう時期を半年ほど経験した後に生まれたものというものは。

心の底から自分が嫌いで。見た目も声も性格も全部コンプレックスという自分でした。

中学の頃には思春期も発動して更に人と話せなくなり、特に女性にはおはようをいうのも恥ずかしかった。

いつも俺なんかって自分を蔑む毎日は見た目はどう見えていたかわからないけど、心の底から楽しめるものではなかった。少なからず友達はいたけれど、その人たちに対してもコミュニケーションの取り方が僕は下手な方だったと思います。

嫌いで。

嫌いで。嫌いでしょうがなかった自分。

このまま終わるんだろうか。自分の人生マジでつまんない。そんな厨二な僕に、初めの転機が訪れます。

高校生の時でした。

思い切ってアルバイトをしようと思ったんです。
コンビニとか入ってみて「いらっしゃいませ」って笑顔で言う店員さんにあんな風になれるかなぁって思ってたけど、変えたくて。

自分を変えるという目的のもと、僕はカメラのアルバイトを始めます。


最初は怒られてばかりでした。声も小さく、のろい僕は本当にダメでした。
お客さんが来ると無差別に声をかけないといけないのに、そんな勇気も最初は出ないで、本当にお金をもらうことに罪悪感を感じていたのもこの仕事の最初の時です。

それでもやって、続いていく内にどんどん言えるようになりました。

高校生活も、信頼出来る5人の友だちに囲まれて、ずっと楽しかったということを記憶しています。

初めて青春を知りました。

幸せな高校生活。人とコミュニケーションをすることがこんなに楽しいなんて!!

僕はこのあたりから人生楽しかったと思った。

大学に入り、最初は意識の低かった僕も。親友との出会いで変わり、3年生の頃はとても意識の高い学生になっていました。


就職活動がやってくるのです。

就活は楽しくやろう!だって人生一度きりだし、ここで怠けることは8割の仕事人生におけるスタートを蔑ろにすることだからと僕は頑張り続けました。

学生団体における活動の傍ら、僕も就活に臨み。内定をもらうことなく3年の12月~4年の1月になりました。

150社以上落ちました。

就活は楽しくやろう!ハッピーで行こう。
そういってる自分がなんでだかその言葉に縋っているなって思ってる時期もありました。3年生の就活が始まって、セミナーなんかで内定の無い4年生の僕は「こんな時期までなくて大丈夫なんですか?」という3年生の純粋な質問にも息をつまらせていたと思います。

なんでなんだろう。

僕はやはり人生を最高のものにしたくて。

だからこそ理念に生きようって決めて、だからこそ妥協しないようにってきめて。嘘をつかないって決めて。等身大の自分で挑んで、誰よりも真剣にやっていた自分のはずなのに。なんで周りのなんとなくやってる人たちよりも遅いのだろう。

自分はダメな人間のか?

自分に価値がないのか?

違うと言い続けていたけれど!!!!

でも! 結果は出ないじゃないか。これだけの人間にNOと言われてそれでも価値がある? そんな馬鹿な!

そう思った時期もありました。信じたいけど信じられなくて、もう就職できればどこでもいいのかなって。

でもそうやって腐ってるときに限って僕の信頼する友人は、僕のことを叱咤激励してくれるんです。頼り下手な僕に、支えると言ってくれました。僕はこの人達のために報いろう。そう決めて、また頑張りました。

そして1月。僕は3社内定を頂きました。最初に頂いた会社の社長には「君みたいな、熱い奴が好きだよ」と言ってくれて内定を頂いたのを今でも覚えています。僕の存在価値を認めてくれた最初の大人だったから。僕が折れても折れてもやり続けて、その向こうで認めてくれる人が1人でもいるのだと信じてやってきて。やはりそこには1人いた。

泣きそうでした。

僕は迷いました。3社のうち1社はテレビ関係の仕事。あとは営業の仕事。僕は人生を後悔したくなかった。安定を取ったが最後、きっと失敗した時に言い訳する。あの時、選んでおけばよかったって。

僕はそう思いたくなくて、厳しいと知りながらテレビ制作の仕事に就きます。

13卒で入ったテレビ制作の仕事。そこはやはり夢物語などなく、時代にそぐわない”ギョウカイの常識”が詰まった世界だったのです。

蹴られ叩かれは普通で、言葉で追い込まれ、知らないことを知っていて当然と罵られ、研修もなく、ただひたすら上司の顔色を伺う毎日。上司に嫌いになられると番組を降ろされると言われ、一方的にコミュニケーションを拒む上司にあたり、一度はストレスで胃潰瘍になりました。

これも自分の成長のためだ。新社会人でゆとりだからと馬鹿にされたくなくて、これが当然なんだ。みんな受けている傷なんだと思って踏ん張ったけど、違う業界の話を聞いても自分とはぜんぜん違う世界に絶望しました。

あの時ぐらい笑顔がひきつってたときはなかったでしょう。

そういう場所で働く人の価値観を知った僕。
それでもいいんだと言い聞かせていた自分に気づいてしまった僕。

あぁ、どうしようもないなって思いました。いわばそこは酸素を吸って生きている僕の周りには二酸化炭素しかないような状況で、僕は決心しました。


3年待てという。
でも、3年という期間の使い方。ここでは我慢しないと行けないという時は人間必ずしも来るけれど、必ずしも3年待つことが正しいとは思えなかった。気づいたらFacebookのタイムラインが鬱コメントばかりになっている自分に嫌気が差して、変わるなら今しかないと思ったんです。

僕は決めました。正直怖かったし、この期間で第二新卒になるリスクも十分に考えて、友達にも止められたけど、僕はここでステージを変えなければきっとこのまま変わらないとおもったから。僕はやめることを決めたんです。

蒸発するのが当たり前の職場できちんとケジメをつけてやめました。相当居心地は悪かったけど、それでもちゃんとやりました。案外自分は認められていたことを最後の日に知り、職場をあとにして。

不安でした。

僕はこれから何をすればいいのだろう。わからなかったから。

せっかく辞めたのにまた再就職を探している自分に気づいて、それでいいのかと思った。ここで辞めた意味を、ちゃんとちゃんと形にしないといけない。

悩み続けて、僕は決めました。


やりたいことを、心からドキドキすることを目指そうって。
そのための環境に僕は今身をおき、勉強をしています。
その中で、イベント事業やモデル事業に携わっている事業家の方たちに教えをこい、一人でも闘っていける僕を育てています。

僕には叶えたい夢があるからです。


*今までの僕。これからの僕*

僕には夢があります。

僕はフリーカメラマンとなって、世界中を練り歩き、世界中の笑顔を撮り続けます。世界にある幸せという形を撮って、僕は自分を大きくしていきたい。そして、助けてほしいと言われた時に120%の力を貸せる人間になります。

愛する人と過ごす時間を大切にして、自分のやりたいことを実現させて笑顔と感謝の輪を広げたい。

ありがとう。
おめでとう。
これを心の底から言える人間になって、一人でも多くの「自分自身を嫌っている人」にあなたは素晴らしいとメッセージし続けたい。僕もそうだった。でも今は違う。こんなに幸せだと。

大好きな仲間と、大好きな生き方を手にして、今は本当に心の底から幸せなんだと。だからあなたもやれる。できないことはないんだと。だからあなたはあなたを好きだと言い続けてほしいと。

僕はカメラを通して。愛と幸せを追求していきたい。そういう生き方をすると決めました。

「幸せな家庭を作り、尊敬する人に胸を張れる人生を歩むこと」 を僕は必ず実現する。


世界を変えようとは思いません。ただ、目の前のいる人の。頼ってくれた人の幸せを最大限願うために、いざというときに、その人達の幸せのために戦える力が僕には必要です。時間が必要です。それを手に入れるために試行錯誤して行きたいと思います。

絶対に成し遂げます。

感謝しかない人生に。

”僕”というアルバムを更新し続けます。


□最後に□
世の中一杯辛いことばっかりだけど、それは全て自分がなりたい姿になるための試練だと思う。泣くこと一杯あると思うけ
ど、そう言う時こそ笑っていられる人間になりたい。一杯の人に僕は受け入れてもらったから、今度は僕が人を受け入れられるような人間になろう。生きてるだけで満点だから。自信を持って我が道を歩こう。信念を持って、それに向かって進めば、いつかは光は差す。だからずっと頑張ろう。お世話になった人たちに誇りを持って、胸を張れる様に、自分を磨くことを僕は絶対にやめない。

Keep Smile!
Let's Enjoy!
Let's creativity!




■貴方へ。貴女へ。■

もしもここまで読んでくださった。 あなたへ。

このような長文を読んでくださったあなたとはきっと何かしらのご縁があると思います。

気が合いそう、とか。
少し関わってみたいな、とか。

思ってくれたらなら。

是非お話しましょう!メッセージなど待ってます^^

ではでは。 最後までお付き合いいただきありがとうございました!!


僕と知り合ったすべての人に、良き出会いと良き風が訪れますように。

Your Groups

申込イベントはありません。

shouhei_okamoto_7

shouhei_okamoto_7さんのフォロワー 0

フォロワーはいません。