ErinaGoshima
(ErinaGoshima)

Usage start date: 12/11/2017

NPO北海道ネウボラ代表。

NPO北海道ネウボラは、フィンランドの子育て施設ネウボラについて学ぶ北海道ネウボラ研究会を主催しています。

=資格・委員等=☆彡☆彡☆彡
・北海道子どもの未来づくり審議会委員(公募)
・子育て支援員(北海道)
・札幌市子ども緊急サポネット提供会員
・子どもとメディア北海道会員
・アドラー心理学研究会員
=実行委員=☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
・WANシンポジウム2017実行委員
・アドラー心理学岸見一郎「嫌われる勇気」実行委員
=ボランティア=☆彡☆彡☆彡☆彡
・乳児院軽作業 
・札幌市子育てサロン
・あさぶチーム底力
・etc
=職歴=☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
・社内SE
・大学事務補助員/事務補佐員
・児童発達の放課後等デイ支援員
子育て中10社くらい
高校アルバイトからだと20ほど
ダブルワークトリプルワークも度々
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

我が家は、道内の平均年収のサラリーマン家庭です。

子どもは2人おります。普通の家庭です。コールセンター勤務です。
元SEでしたが、復職の条件が合わず、復職できませんでした。

それぞれ手のかかる子だったため、認可保育園に入りにくかったこともありますが、仕事や転居、子どもの個性も含めた諸事情により、保育園、幼稚園合わせて10施設くらいは経験しました。

また、実家に頼ることができなかったワンオペ育児だったので、仕事と子育ての両立が難しく、孤立した子育てを余儀なくされ、さらに、仕事も、結局のところ助けてもらえるような支援の手がないため、子育てしやすい職場を転々とする以外に選択肢がなく大変苦労いたしました。

子育てする中で、もともと興味があった心理学、発達関係、いろんなことを独学で勉強いたしました。

臨床心理士を目指して、臨床心理の大学院受験の勉強を進めていたところ、この活動を始めることとなりました。

ネウボラを通して、子育て、家庭環境に左右されることなく、個々の女性の持つ力を最大限に発揮できる社会、子育てにもっとITを活用した社会を実現されることを願っています。

何より、家族が笑顔で子育てできる、子どもが犠牲にならない社会、子どもに必要な教育が与えられる社会であることが私の一番の願いです。

よろしくお願いいたします。

最近、リクエスト増えて嬉しいのですが、面識、友達つながりがないかたや、ご自身のページでの自己紹介が少ない方は、メッセージを添えてのリクエストをお願いいたします。
m(__)mぺこり。

※友達つながりでも、面識のない方や、お会いしていても名刺交換などしなかった方などは、メッセージを添えてくださるとありがたいです。

https://neuvola-sapporo.amebaownd.com/

2019

09/08

(Sun)
ErinaGoshima