お知らせ 12月16日(月)10:30から30分ほど、サーバーのメンテナンス作業を予定しております。作業の間はconnpassのご利用が出来ません。ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承ください。

お知らせ 【グループ管理者の皆さま】成長し続けるエンジニアを支援する「Forkwell」と「connpass」が連携し、connpass上でイベントを開催するグループを2020年3月末まで支援いたします。詳しくはこちら by Forkwell

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月

18

型システム論文読書会 Vol.2

型システムに関する論文を読もう2

Organizing : kmizu

Registration info

参加枠

Free

FCFS
10/40

発表枠

Free

FCFS
4/6

Description

趣旨

前回行ったイベントの第二回です。

主催者kmizuが、型システムに関する論文を最近読んでないなーと思ったので、同士を募って論文を読もうという それだけの会です。

まったり進行の予定です。終了時間もあまり厳しく考えておらず、発表者の数や発表の長さによっては、16時くらいで 終了なども考えています。


参加資格

  • コンピュータ・サイエンス分野の論文を読解する能力がある
  • 型システムに関係した論文を1本以上読んだことがある

and/or

  • 型システム入門(TAPLの邦訳)を理解できる

and/or

  • その他の型システムに関する教科書を理解できる

and/or

  • 型システムに関して、informalな理解がある

発表形式

  • (読みたい/読んだ)論文に関して、15〜30分程度のスライドにまとめて発表してください
  • 自著の論文でも問題ありませんし、難易度も問いません
  • 発表したい人がいないと、イベント自体がボツになる可能性も…
  • 論文解説について、疑問があれば参加者は適当にツッコミを入れられます
  • 発表する方もツッコミが入ることは念頭に置いてください

プログラム(論文の数は参加者の数に依存します)

  • 13:30: 開場
  • 14:00: 開始
  • 14:00~14:30: @myuon_myon さん「Philip Walder, Call-by-value is dual to call-by-name」
  • 14:30~14:50: 休憩
  • 14:50~15:20: @elpin1alさん「 J. Cheney and G. Morrisett. A linearly typed assembly language. Technical report, Cornell University, Ithaca, NY, USA, February 2003」
  • 15:20~15:40: 休憩
  • 15:40~16:10: @y_taka_23 「A Static Verification Framework for Message Passing in Go using Behavioural Types (J.Lange et al., ICSE 2018)」
  • 16:10~16:30: 休憩
  • 16:30~17:00: @kmizu 「Odersky, Martin and Blanvillain, Olivier and Liu, Fengyun and Biboudis, Aggelos and Miller, Heather and Stucki, Sandro. Simplicitly: Foundations and Applications of Implicit Function Types」
  • 17:00 終了

会場

ドワンゴのセミナールームが6月に移転したため、会場が変更になりました。地図はすでに変更してありますが、

東京都中央区銀座5-15-1 南海東京ビルディング3階

となります。松竹のセミナールームに慣れた方はお間違いのないようご注意願います。飲食は自由ですが、 節度ある利用をお願いします。当日、ゲスト用のWi-Fiも利用できます。

行き方:

https://dwango.github.io/articles/moving-seminar-room/


参加費

  • 無料
  • 懇親会は行いません

入場方法

この記事 を参考にしてください。


電源タップについて

無線LANと電源はありますが、電源は床埋込み式で Macのアダプタが刺さりません 。 電源タップをご持参ください。


その他

  • 喫煙室はありません
  • 貴重品は各自で管理してください
  • 会場は飲食可能です

会場はドワンゴセミナールームですが、2018年6月中旬より、南海東京ビルディングに移転しましたのでお間違えの ないよう。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

型システム論文読書会 Vol.2 が中止されました。このイベントにはもう参加できません。
You can ask questions to the event organizer by writing a comment on the event page.

08/17/2018 18:19

myuon_myon

myuon_myon さんが書き込みました。

2018/08/11 09:15

論文はPhilip WalderのCall-by-value is dual to call-by-nameとその周辺論文あたりの予定です

elpinal

elpinal さんが書き込みました。

2018/08/08 19:38

論文は J. Cheney and G. Morrisett. A linearly typed assembly language. Technical report, Cornell University, Ithaca, NY, USA, February 2003 の予定です。

kmizu

kmizu published 型システム論文読書会 Vol.2.

06/26/2018 20:15

型システム論文読書会 Vol.2 を公開しました!

中止

2018/08/18(Sat)

13:30
18:30

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

Registration Period
2018/06/26(Tue) 20:00 〜
2018/08/17(Fri) 23:30

Location

株式会社オプト 5F

東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル

Organizer

Attendees(14)

stmtk

stmtk

型システム論文読書会 Vol.2 に参加を申し込みました!

todesking

todesking

型システム論文読書会 Vol.2 に参加を申し込みました!

giantneco

giantneco

型システム論文読書会 Vol.2 に参加を申し込みました!

mi-chang

mi-chang

型システム論文読書会 Vol.2 に参加を申し込みました!

κeen

κeen

型システム論文読書会 Vol.2 に参加を申し込みました!

KanSAKAMOTO

KanSAKAMOTO

型システム論文読書会 Vol.2 に参加を申し込みました!

toshinao

toshinao

型システム論文読書会 Vol.2 に参加を申し込みました!

tanaka_akr

tanaka_akr

型システム論文読書会 Vol.2 に参加を申し込みました!

ruicc

ruicc

型システム論文読書会 Vol.2 に参加を申し込みました!

kakkun61

kakkun61

型システム論文読書会 Vol.2 に参加を申し込みました!

Attendees (14)

Canceled (6)