このエントリーをはてなブックマークに追加

2月

28

try! macOS meet-up

meet-up for macOS developers

主催 : 1024jp

ハッシュタグ :#macOS #tryswiftconf
募集内容

Attendee

5000円(会場払い)

先着順
16/30

イベントの説明

try! macOS meet-up is an unofficial spin-off event of try! Swift Tokyo 2018.

The aim of the event is to come to know macOS developers who are hard to meet in the real world (comparing with the iOS developers ;P) and to exchange ideas about macOS dev. This meet-up is just a gathering to chat about macOS dev and drink/eat good food together in a restaurant. There is no presentation or workshop.

Who are welcome

  • Everyone who develops (or is interested in developing) applications for macOS.

Although this event is a spin-off of try! Swift, attending try! Swift itself is not required for this meet-up. Likewise, developers who still use Objective-C or UI designers who don't write code are also welcome.

The most important thing is the passion for the macOS application development.

Language

English / Japanese

The organizer is a Japanese but also speaks (non-fluent) English.

Fee

5,000 yen (for drink and foods for 3 hours).

Where and when?

The meet-up will be held on 28th February, the day before try! Swift Tokyo 2018, at a cafe restaurant and people udagawa which located near from Shibuya station.

Who is the organizer

The organizer, 1024jp, is a person who loves native macOS apps, and develops macOS apps, such as CotEditor and Gapplin, in private time. Fluent in Swift, Objective-C, AppleScript, and Python, but also draws graphic parts for the user interface. CotEditor is the most known work of this person in last years. It is one of the most popular plain-text editors in Japan, written in 100% Swift, and open-sourced at GitHub.


try! macOS meet-up は、try! Swift Tokyo 2018 の非公式スピンオフ企画です.

このイベントの目的は、(iOS開発者に比べ)人口の少ないmacOS開発者が互いに知り合い親睦を深めることです。単純に飲食店で話をしながら飲み食いをする企画で、発表やワークショップは付随しません。

だれがウェルカム?

  • macOSアプリケーションを開発している(もしくは開発に興味がある)人誰でも

try! Swiftのスピンオフ企画ではありますが、このmeet-up自体はtry! Swiftへの参加は条件ではありません。同様に、macOS開発に関わっていれば、Objective-Cで開発をしている人やコードを書かないUIデザイナーも歓迎します。

いちばん大切なことはmacOS開発への情熱です。

言葉

英語 / 日本語

主催者は日本語ネイティブですが英語も若干は喋れるので、このmeet-upではどっちの言語で話しても大丈夫です。

料金

5,000円 (3時間の飲み放題+食事)

場所と時間

try! Swift Tokyo 2018前日の2月28日(水)に、渋谷のカフェレストランand people udagawaで行います。

主催者はだれ?

このmeet-upの企画立案者である1024jpはmacOSをこよなく愛し、CotEditorGapplinなどのmacOSのアプリケーションを趣味で開発してる人間です。SwiftのほかObjective-C, AppleScript, Pythonなどを書きますが、同様にUI画像も描いたりしてます。CotEditorが最近のいちばん知られた成果物でしょう。CotEditorは日本で最も人気のあるプレーンテキストエディタの一つで、100% Swiftで書かれており、OSSとしてGitHubですべてが公開されています。Twitterによくいます。

さらなる情報

2月21日以降の参加希望も受け付けますが、会場の関係上要相談とさせてください。

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

1024jp

1024jp さんが try! macOS meet-up を公開しました。

2018/02/07 21:58

try! macOS meet-up has been published!

開催前

2018/02/28(水)

19:00
22:00

イベントに申し込むには
ログインしてください

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

募集期間
2018/02/07(水) 21:58 〜
2018/02/21(水) 20:00

会場

and people udagawa

渋谷区宇田川町10-2 (新東京ビル)

and people udagawa

管理者

参加者(16人)

banjun

banjun

try! macOS meet-upに参加を申し込みました!

Yusuke Ito

Yusuke Ito

I joined try! macOS meet-up! macOSアプリ一応開発者なので

griffin_stewie

griffin_stewie

try! macOS meet-up に参加を申し込みました!

Noritaka Kamiya

Noritaka Kamiya

try! macOS meet-up に参加を申し込みました!

guanshanliu

guanshanliu

I joined try! macOS meet-up!

mzp

mzp

try! macOS meet-up に参加を申し込みました!

K15hat

K15hat

try! macOS meet-upに参加を申し込みました!

usamik26

usamik26

try! macOS meet-upに参加を申し込みました!

wataruhash

wataruhash

try! macOS meet-upに参加を申し込みました!

参加者一覧(16人)

キャンセルした人(3人)