新機能 有料(前払い)イベントにおいて、参加費の領収データ発行が可能になりました。詳しくは こちら をご覧ください

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月

21

Pythonとデータサイエンス

NumPyとmatplotlibを使って人口を視覚的に表現する

Organizing : khronos研修事務局

Registration info

参加枠1

5000(Pay at the door)

FCFS
5/9

Description

NumPyとmatplotlibを使ってデータサイエンスを体験的に学習するハンズオンセミナーです。

セミナー概要

近年、機械学習やディープラーニング、人工知能といったキーワードをしばしば耳にします。これらの分野ではプログラミング言語「Python」が活用されるケースが増えています。また、そのような技術をビジネスの現場で利用するデータサイエンス分野でもPythonの重要度が高まっています。このセミナーでは、なぜそのような分野でPythonが使われるのか、あるいは具体的にどう使われているのかを簡単に説明しようと思います。

1.NumPy、matplotlibとは?
2.NumPyの使い方
3.matplotlibの使い方
4.人口を視覚的に表現する

Pythonはとても魅力的なプログラミング言語です。

MIT(マサチューセッツ工科大学)をはじめ多くの大学でプログラミング入門用の教材として使われています。また、GoogleやMicrosoftといった有名な企業が業務でPythonを使っています。また、科学分野、データサイエンス分野でもPythonが積極的に活用されています。さらに、近年注目されている人工知能を支える分野では、最もよく使われるプログラミング言語となっています。

こんな人におすすめ

Pythonを使ったデータサイエンスにご興味のある方

到達目標

NumPyを使って高速に演算を行うことができる
matplotlibを使ってグラフを描画できる
NumPyとmatplotlibを組み合わせてデータを加工できる

注意事項

  • このセミナーで実行するプログラムはAnacondaを使って動かすことを前提としています。
     ※Anacondaとは、機能強化版のPythonディストリビューションで、よく利用されるPythonパッケージをまとめてインストール可能にしたものです。
  • 可能な限り、無線LANに接続可能なノートPCをお持ち下さい。
     ※持参できない場合は、お申し込み時の「コメント」欄にその旨必ず、ご記載ください。ご記載ない場合は、機材を準備いたしかねますので、よろしくお願いいたします。

会場について

東京会場(テクニカルソフトウェア株式会社様内) 〒108-0014 東京都港区芝5-32-11 セブン三田ビル3F

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

khronos

khronos published Pythonとデータサイエンス.

01/16/2018 17:38

Pythonとデータサイエンス を公開しました!

Ended

2018/02/21(Wed)

13:30
16:30

Registration Period
2018/01/16(Tue) 17:37 〜
2018/02/18(Sun) 23:30

Location

テクニカルソフトウェア株式会社様 会場

〒108-0014 東京都港区芝5-32-11 (セブン三田ビル3F テクニカルソフトウェア株式会社)

Organizer

Attendees(5)

HiromuYoshimaru

HiromuYoshimaru

Pythonとデータサイエンス に参加を申し込みました!

yby

yby

ノートpc持参なしです

Yuu1

Yuu1

Pythonとデータサイエンス に参加を申し込みました!

(退会ユーザー)

(退会ユーザー)

Pythonとデータサイエンスに参加を申し込みました!

44taka

44taka

Pythonとデータサイエンスに参加を申し込みました!

Attendees (5)

Canceled (5)