お知らせ 現在、検索機能において不具合が出ているため、一時的に機能を閉鎖しております。改修次第、検索機能をリリースのうえ、お知らせいたしますので、ご不便をおかけしますが何卒ご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月

19

SaCSS vol.56

ハッシュタグ :#sacss
募集内容

事前払い:1000円

1000円(前払い)

先着順
5/25

当日払い:1000円

無料、もしくは会場払い

先着順
12/20

学生・基金訓練性:500円

500円(前払い)

先着順
1/5

前払いについて

前払いについての連絡先:

(参加者にのみ公開されます)

キャンセル・参加費用の払い戻しについて主催者からの説明:

やむを得ずキャンセルされる場合は、参加費用の払い戻しをします。その際はお手数ですが連絡先のメールアドレスへご連絡ください。

イベントの説明

SaCSS vol.56 は a-blog cms!

【概要・内容】


SaCSS vol.56は a-blog cms 全国ツアーの北海道版としての開催です!

【開催情報】
日時:2014年7月19日(土)18:00 〜 21:00
会場:札幌市民ホール 第2会議室 (札幌市中央区北1条西1丁目)


【募集定員】
50名

【対象】
Webデザイナー・コーダー(マークアップエンジニア)・HTML&CSSコーディング興味のある方(プログラマーなどなど)・学生の方やWebについて現在勉強中の人

【スタンス】
気楽に参加できて、楽しく学ぶ!

【内容紹介】

日本語Webフォントの基本講座と事例による導入効果


~Webフォントの魅力と書体(フォント)の楽しさを語ります~


3年前、日本語が使えるWebフォントサービスが各社から提供開始されましたが、日本語はデータが重い、表示速度が遅い、文字詰めができない等が課題でした。これらの課題を『FONTPLUS』では昨今すべて解決しました。新世代の日本語ウェブフォントをご紹介します。


画面の高精細化に伴い、Web DesignにおけるWebフォントやアイコンフォントは美しいクリエイティブのキーワードです。また美しいだけでなく、SEO対策やアクセシビリティ確保、制作効率改善、ブランディング向上にも効果を発揮することでしょう。


最近の導入事例を紹介しながら導入効果などをご説明します。また、日本語Webフォントの実装方法やコンテンツに応じたフォントの選び方などもご紹介します。導入テクニックだけでなく、日本語が本来持っている独自性や奥深さ、楽しさを盛り込んだセッションにしたいと思います。


関口 浩之 (せきぐち ひろゆき)



1960年生まれ。群馬県桐生市出身。電子機器メーカーにて日本語DTPシステムやプリンタの製品企画など従事した後、1995年にソフトバンクへ転職。1996年、大手インターネット検索サービスの立ち上げプロジェクトのプロデューサを担当。3ヶ月間という短い開発期間の中、大学生100名と3交代制でオフィスに泊り込み、ローカリゼーションと数万件の手作業サイト登録を行うという、過酷だけど素敵なプロジェクトを体験。その後、ECサイトのシステム構築やプロデューサ、インターネット決済事業の立ち上げプロジェクトなどに従事。現在は、日本語Webフォントサービス「 フォントプラス(FONTPLUS) 」の普及のため、日本全国を飛び回っている。パソコンは漢字トークやMS-DOS、パソコン通信の時代から勤しむ。フォントオタク、家電オタク、テニスフリーク。




a-blog cmsを活用した新しいWeb制作のワークフロー


「a-blog cms」を利用する事で可能な新しいWeb制作ワークフローのご紹介をします。早いタイミングからCMSの実装を行い、CMSをプロトタイプとしてクライアントと共有しながら、並行してデザイン&マークアップをしていくというサイト制作について実例を交えて紹介していきます。


また、リリースされて5年、進化を続けている「a-blog cms」の現状と、実際にどれだけ実装が簡単にできるかをCSSフレームワーク(Bootstarp)のサンプルHTMLを利用してテンプレートを作るライブデモでご紹介します。


  • アップルップルのWeb制作のワークフローの紹介
  • マークアップエンジニアのための国産CMS「a-blog cms」の基本を紹介
  • CSSフレームワークを活用したテンプレート制作のライブデモ

山本 一道 (やまもと かずみち)


名古屋でWeb制作会社「 有限会社アップルップル 」の代表をしています。Web制作会社の方にオススメな国産CMSとして「 a-blog cms 」を開発&販売してます。また「 WCAN 」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーを年に4回以上主催し、アップルップルの事務所と併設してコワーキングスペース「 ベースキャンプ名古屋 」の運営も行っています。




 【参加費】
1,000円(学生・基金訓練生:500円)
※ 出来る限り事前払いのご協力をお願いいたします

 【プレゼント協賛】
登壇の山本さんから、『a-blog cms の特別ライセンス』 を、参加者の中から希望者全員にプレゼントいただけることになりました。

また、同じく登壇の関口さんから、以下のお父さんグッズをプレゼントに提供いただきました。

  • お父さん犬BIGストラップ1匹(体長30cm、喋ります)
  • お父さん犬クリアファイル1枚
  • お父さん犬学習帳1冊
  • お父さん犬ノート1冊
  • お父さん犬スマホスタンド1匹(iPhoneは除く)
どれも入手困難なレアものです!
さらに、技術評論社から、『フロントエンドエンジニア養成読本』 もプレゼントに提供いただきました。


【その他】
  1. プロジェクターを使って画面の共有します。
  2. 会場で使えるネット環境は用意していません。各自でご用意ください。
  3. 当日は勉強会の様子を撮影する可能性がございます(静止画)。予めご了承ねがいます。
  4. 勉強会中の動画配信はご遠慮願います。
  5. 勉強会中は質問・ご意見などなど遠慮せずにどんどんだしてください!

【懇親会】
勉強会終了後に懇親会を開催します。
別途募集しますので、参加希望の方は懇親会イベントの方にも登録をお願いします。

懇親会参加登録

【連絡先】
キャンセルや当日払いの方はお手数ではございますがご連絡をお願いいたします。

連絡先:長谷川のfacebook のメッセージ、もしくはメール( mail[@]sacss.net

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

SaCSS

SaCSS さんが書き込みました。

2014/07/18 18:10

> cota44i さん 今回はハンズオンではないため、環境の用意は不要です。しかし、当日のより理解につなげるために一度入れるところからチャレンジしてみることをおすすめいたします。

(退会ユーザー)

(退会ユーザー) さんが書き込みました。

2014/07/17 15:09

a-blogは事前にローカル等で環境を作る必要はありますか?

SaCSS

SaCSS さんが SaCSS vol.56 を公開しました。

2014/06/19 14:50

SaCSS vol.56 の募集を開始しました!

グループ

SaCSS

Sapporo.CSS

イベント数 62回

メンバー数 586人

終了

2014/07/19(土)

18:00
21:00

募集期間
2014/06/19(木) 14:50 〜
2014/07/19(土) 21:00

会場

札幌市民ホール 会議室

札幌市中央区北1条西1丁目

管理者

参加者(18人)

kozyuro

kozyuro

SaCSS vol.56に参加します!

t-kusaka

t-kusaka

SaCSS vol.56に参加します!

assialiholic

assialiholic

SaCSS vol.56に参加します!

ma2ken_zawa

ma2ken_zawa

SaCSS vol.56に参加します!

nobutake_Ishii

nobutake_Ishii

SaCSS vol.56に参加します!a-blog cmsの仕組みを理解して帰ります。

(退会ユーザー)

(退会ユーザー)

SaCSS vol.56に参加します!

katomogic

katomogic

SaCSS vol.56に参加します!

fanvi

fanvi

SaCSS vol.56に参加します!web font a-blog 興味深いです

misuzu_rokkaku

misuzu_rokkaku

SaCSS vol.56に参加します!

diveormosh

diveormosh

SaCSS vol.56に参加します!

参加者一覧(18人)

キャンセルした人(2人)