このエントリーをはてなブックマークに追加

10月

29

RecSys2016勉強会【関西会場】

募集内容

参加枠

無料

先着順
2/30

イベントの説明

概要

RecSys2016で発表された論文の輪読会です。 今年は、関東会場と関西会場でビデオ会議で中継して行います。 このイベントページは、関西会場のイベントページです。関東会場は、こちらからお願い致します。

集合場所とスケジュール

【集合場所】 龍谷大学大阪梅田キャンパス セミナールーム

大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階

※JR「大阪駅」桜橋出口より徒歩4分

【スケジュール】 13:00にスタートします。入館方法については、別途当ページまたは参加者へのメッセージでご連絡いたします。

参加条件および参加申込み

RecSys2016の論文を要約した資料の作成&勉強会での発表が参加条件になります。 参加する方は、以下のスプレッドシートにて自身が担当したい論文の行に名前と所属を入れて下さい。 また、懇親会の参加の有無も記入お願い致します。Application form

※本会議のロングペーパー以外にも、ショートペーパーやデモペーパー、キーノート、チュートリアル、ワークショップの論文などを紹介されたい場合は、適宜論文タイトルを追加し、その行に名前と所属を入れてください。

上記スプレッドシートに入力後、「このイベントに申し込む」から参加申込みを行ってください。

発表要領

発表資料作成要領

タイトルスライドに、以下の内容を記載して下さい。

  • 論文のタイトル
  • 論文の第一著者名
  • 担当者の氏名
  • スライドは論文紹介パートと、レビューパートでの構成をお願いします。

レビュースライドには、「新規性・独創性」および「有効性・重要性」について、それぞれ5段階評価(低:1-2-3-4-5:高)で記入してください。 また、そう評価した点についてコメントを記入してください。

発表時間

  • 発表時間:総合10分(目安:論文紹介5分 + レビュー2分 + 質疑3分)
  • スライド枚数:総合7枚程度(例:タイトル1枚 + 論文紹介5枚以内 + レビュー1枚)

発表資料作成のコツ

  • 発表時間が限られているため、論文に書かれていることすべてを紹介するのではなく、ポイントを絞って説明するようにしてください。
  • 数式やアルゴリズムは論文で確認できますので、それらを載せるよりは例を説明したほうが良いと思います。
  • できるだけ文章ではなく、図で簡潔に説明するようにしてください。
  • 論文中の図を引用する場合は、出典を忘れず明記して下さい(重要)。

発表資料公開への同意

当勉強会の趣旨として、論文紹介者には、できる限り、発表資料の公開に同意を頂ければ幸いです。 非公開を希望される方は当日ご相談ください。

発表資料の提出

当日は会場で用意する発表用PCで発表をお願いいたします。 発表資料はUSBメモリなどに入れて、来場時にデータで提出してください。 データ形式は、パワーポイントファイル(.ppt, .pptx)またはPDFファイル(.pdf)でお願いいたします。

参考情報

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

kntoku

kntoku さんが RecSys2016勉強会【関西会場】 を公開しました。

2016/10/02 09:24

RecSys2016勉強会【関西会場】 を公開しました!

終了

2016/10/29(土)

13:00
18:00

募集期間
2016/10/02(日) 09:24 〜
2016/10/26(水) 23:30

会場

龍谷大学大阪梅田キャンパス セミナールーム

大阪市北区梅田2-2-2 (ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階)

管理者

  • (退会ユーザー)(退会ユーザー)

参加者(2人)

(退会ユーザー)

(退会ユーザー)

RecSys2016勉強会【関西会場】 に参加を申し込みました!

HidetsuguNanba

HidetsuguNanba

RecSys2016勉強会【関西会場】 に参加を申し込みました!

参加者一覧(2人)