このイベントをはてなブックマークに追加

9月

28

DevOpsDay Tokyo 2013

海外ゲストから学ぶ DevOps の最前線 〜CI/CD の先にあるもの〜

Organizing : DevOpsDay Tokyo 2013 実行委員会

Hashtag :#devopsdays
Registration info

一般

Free/Pay at the door

FCFS
463/350

Description




IT Revolution社のご好意で、DevOps界の「もしドラ」本 
"The Phoenix Project"(kindle版)が、
9月30日まで記念価格¥99。
Aamazon.co.jp リンク: 



当日のプログラムが決定しました

会場枠 200 → 270 → 350 になりました!

Microsoft さんのおかげでフリーランチになりました!

コアテーマ
メトリクスモニタリングコラボレーション
DevOps の基本、国内事例のセッションや openspace も予定しています。
ここでしか聞けない話、ここでしか会えない人、ここでしか見れないコトがある!! 


概要
国内外のリードエンジニアのセッションやオープンスペースでの交流を通じ、CI/CD の先にある DevOps の真髄を感じ、語り合い、学ぶイベント。

  • 参加費:無料
  • お昼:弁当 & ドリンク配布(sponsored by Microsoft)
  • 設備:電源・WiFi
  • その他
    • 全席禁煙(会場内に喫煙室有)
    • 英語のセッションは逐次翻訳がつきます
    • セキュリティの関係上、イベント途中での会場へ出入りはご遠慮ください。
    • 当日写真撮影を行う予定ですのでご了承下さい


スピーカ紹介
Nick Galbreath (@NGalbreth)
DevOps 界では、先駆者的な存在である Etsy で Director of 
Engineering を努めた後、2013年より東京に移住し、IPONWEB にて VP Engineerig として活躍中。世界各地の DevOps やセキュリティのカンファレンスで講演を重ねている。次の音声ストリームでは、Gene Kim、Damon Edwards、Jez Humble など共に DevOps の真髄に語り合っている。
今回のイベントでは、"DevOps とビジネスメトリクス” を基軸に講演してもらいます。

(演内容の原文)
Making Operations Visible
Invisible things aren't valued.   So why is operations and operational data often hidden from the rest of the organization?   Or if operation data is available, why is it often hard to use or obstructed with passwords?   This data-hiding is damaging since it creates divisions between groups, reduces productivity, hides problems, and means all your hard work is invisible to everyone else.  Let's transform your operations monitoring in one day with only one person, one machine, and some open-source tools.   The new system will allow your team, development teams, and even business groups to collect metrics they care about and be able to make their own operational dashboards.  This talk will contain real examples and practical tips to help you make operations visible. 


Sean Porter (@portertech)
クラウド時代のニーズに合わせたモニタリングフレームワークとして、海外で認知度を高めてきている SENSU の開発者。現在は、Heavy Water Operations, LLC (OR) に所属し、もっぱらchef & sensu 関連の業務に従事し、顧客企業での DevOps 導入に必要な問題解決にあたる。

(講演内容の原文)
This talk is an introduction to Sensu, an open source monitoring framework
designed for the "cloud".   I tell the story of how Sensu came to be, it's design goals, and the philosophy behind it.  I explain how Sensu works, how it's configured, and provide practical usage examples.  I share my experiences operating Sensu at scale and demonstrate what it's like to work with Sensu and Opscode's Chef.


Georgia大学でAIの修士号を習得後、ポートランドに移住しPuppet LabsでPuppetのコア部分の開発に従事する。現在は、Puppet Enterpriseの開発チームを率いている。Rubyベースのweb系アプリの開発を得意とするが、Clojureなどの他の言語での開発にも興味がある。DevOpsと自動化の支持者で、多くのエンジニアの日常の手助けなるconfiguration management toolsの開発にたずさわれることを最高の幸運と感じている。

(講演内容の原文)
Puppet has been a popular configuration management solution for several years, but the last year has seen many exciting changes to Puppet itself, as well as to other tools in the Puppet ecosystem and the Puppet community. The release of Puppet 3 saw massive improvements in scalability and performance over 2.8, and the 3.x series has brought many other exciting new features like native support for data bindings with Hiera and access to the experimental future parser. Other tools in the Puppet ecosystem are also evolving rapidly, with new releases of Marionette Collective supporting pluggable discovery and a more full-featured puppet agent, and PuppetDB bringing a much faster solution for stored configurations, exported resources, and reports. Puppet Enterprise 3.0 brings all of these improvements to our flagship product, along with additional orchestration features for managing Windows systems and graphical applications for managing and monitoring your infrastructure. Puppet Labs also recently acquired Cloudsmith, Inc., adding the Puppet IDE Geppetto to our suite of configuration management solutions, giving community members more powerful tools to develop and share Puppet modules via powerful integration with the Puppet Forge.


GitHubでは、開発者と"教育分野との橋渡し役”の二つの顔を持つ。特にOpen Educationに興味があり、OSSの考え方を教室に持ち込むことによってコンピューターサイエンスの教育を向上させたいと考えている。

(講演内容の原文)
At GitHub, system administration is a first class citizen. Changes are collaboratively developed, peer reviewed, revision controlled, and ship with tests. Automation isn't just for production; we apply the same techniques to our individual developer workstations. In this talk, I'll give you a sneak peek into how a GitHub developer experiences Ops. We'll start with setting up a new machine using Boxen and jump right into the specifics of how to deploy and ship a new feature using the "ChatOps" shared command line. I will show you how we deploy configuration changes to individual and groups of hosts. We'll finish up with a look at how GitHub instruments application performance and exceptions to make it easy to spot newly introduced issues.


吉羽 龍太郎(@ryuzee)
アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社 所属。大手SIer在職の2005年頃からアジャイル開発への取り組みを始め、以降、組織改革、アジャイル開発導入支援、自動化支援などのコンサルティングに携わる。組織のアジリティを向上させることこそがビジネスでの成果にもっとも必要であるというのが信念。認定スクラムプロフェッショナル、認定スクラムマスター、認定スクラムプロダクトオーナー、Microsoft MVP for Visual Studio ALM、AWS 認定ソリューションアーキテクト-アソシエイトレベル。著書にSCRUM BOOT CAMP THE BOOK (共著)、訳書に、Software in 30 days -スクラムによるアジャイルな組織変革"成功"ガイド- (共訳)、How to Change the World(共訳)がある。2013年デブサミベストスピーカー賞総合3位、同2011年2位。

講演では、インフラの設計やアプリケーション開発をどのように進めるのか、又ゴールを達成するために自分たちで考えつづけ改善しつづけるための、基本的な考え方(カイゼン、チームビルディング、自動化、疎結合アーキテクチャ)について解説してもらいます。


成田 一生(@mirakui)
1984年、愛知県生まれ。2008年にヤフー株式会社に入社しメールサービスのバックエンド開発に従事。2010年、クックパッド株式会社にサービス開発エンジニアとして入社したものの、開発と運用の間を往復しているうちにインフラストラクチャー部の部長になり現在に至る。

講演タイトル:「迷ったら健全な方」
概要: Dev と Ops の関係は、トレードオフの連続であり、時にどちらかがどちらかに譲歩をする必要が生じます。この講演では、クックパッドのインフラ部門が、開発部門とどのように協力してものづくりをしてきたかについて紹介します。 


Alexis Lê-Quôc (@alq)
最近注目を集めているインフラ・モニターリングのクラウドサービスであるDatadogのCTO。Velocityを含む多くの多くのカンファレンスにて、運用、システムアーキテクチャ、カスターマーサポートについて講演をしている。

講演では、Datadogで20兆/日のイベントを処理するモニターリングサービスを運営してきた経験を基に、StatsDを使った実践的なモニターリング方法における重要要素を解説してもらいます。

(講演内容の原文)
Effective Monitoring with statsD (30 minutes)
Monitoring is a natural interface between running code, dev and ops. In this talk I will present key elements of an effective monitoring practice based on statsD, based on my experience of building a monitoring service processing over 20 billion monitoring events per day. We will go over metric collection with statsD, graphing, alerting, anomaly detection and how it all fits in the DevOps culture.



会場案内
地図(PDF)

入館管理のため、ご所属とお名前のわかる名刺を必ず2枚お持ち下さい。
お持ちで無い方にはご住所とお名前を書いて頂きます。

  1. 1 階正面入り口左手のヤフー専用エスカレーターより、2階ヤフー受付へお越しください
  2. 2階 ヤフー受付にて、本イベント用の受付を設置しておりますので、そちらでお手続きください
  3. セキュリティゲートを通過するには入場パスが必要になります。
  4. パスは事前申込者にのみ配布します。
  5. 退場時はセキュリティゲートのボックスにて回収します。(お持ち帰りはご遠慮下さい)
  6. 一度退場されると再入場はできません。
  7. お昼は当日会場内でお弁当を配布予定です。(sponsored by Microsoft)

お問い合わせ
DevOps Day Tokyo 2013 実行委員会

Presenter

Sean Porter Sean Porter Nick Galbreath Nick Galbreath

Media View all Media

Feed

jhotta

jhottaさんが資料をアップしました。

08/12/2013 13:12

Takashi Watanabe

Takashi Watanabe さんが DevOpsDay Tokyo 2013 を公開しました。

07/29/2013 23:07

DevOpsDay Tokyo 2013 の要項を公開しました!

Takashi Watanabe

Takashi Watanabe さんが DevOpsDay Tokyo 2013 を公開しました。

07/29/2013 23:04

DevOpsDay Tokyo 2013 の要項を公開しました!

Ended

2013/09/28(Sat)

09:30
18:30

Registration Period
2013/08/07(Wed) 12:00 〜
2013/09/28(Sat) 00:00

Location

Yahoo! JAPAN

会場 東京都港区赤坂9丁目(東京ミッドタウンタワー棟 11F)

Yahoo! JAPAN

Attendees(350)

masa_miya

masa_miya

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

Lewuathe

Lewuathe

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

sanma

sanma

うぉおー

superbrothers

superbrothers

I joined DevOpsDay Tokyo 2013!

Vaduz

Vaduz

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

5704

5704

よろしくおねがいします

butayan0

butayan0

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

naoya_ito

naoya_ito

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

anoworl

anoworl

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

itochu0523

itochu0523

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

Attendees (350)

Waitlist (113)

kou_majestica

kou_majestica

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

gavinzhm

gavinzhm

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

mac008008

mac008008

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

ythink

ythink

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

humangas_

humangas_

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

iwa4

iwa4

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

crankychoco

crankychoco

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

masakichi1116

masakichi1116

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

natsuko_IIDA

natsuko_IIDA

DevOpsDay Tokyo 2013に参加します!

tkusukawa

tkusukawa

DevOpsDay Tokyo 2013 完全に出遅れました。残念。

Waitlist (113)

Canceled (104)